Top > イランに毎年通うスタッフのブログ

イランに毎年通うスタッフのブログ

イランへギャッベ選定の旅 その三

今日はイランでいただいたご飯をちょっとだけご紹介します。

 

まずは、ギャッベの選定が一段落し、エネルギーチャージのために、

ゾランヴァリさんで食べたお昼ご飯です。

 

写真-2015-05-12-17-45-19

 

左にあるのがヨーグルト。イランで食事をいただくときには、

ほぼセットで付いてきます。中にはニンニク入りのヨーグルトなどもあり以外とやみつきになるほど美味です。

 

写真-2015-05-12-17-49-38

 

右側のアルミをめくると、焼いた鶏肉とトマト、そして固〝タフチーン〟と言う、サフランライスをケーキ型に固めて焼いたものが入っていました。イラン の料理に頻繁に登場するサフランは、世界の90%がイラン産と言われています。サフランの鮮やかな黄色が食欲をそそりますね。タフチーンはいつも大量に出てくるのでこのくらいが丁度良いです。

 

写真-2015-05-12-17-48-02

 

上の写真は、今回はじめていただいたそば飯。めっちゃ美味しかったです。

 

そして、ギャッベの選定が終わり、夜にホテルでいただいた晩ごはんです。

 

写真-2015-05-13-1-08-31

 

代表的なイラン料理のラム肉(羊肉)のケバブです。イランのラムはくさみが無くてほんとうにおいしいです。料理の量がいつもこんもり大量なんですが、毎回ギャッベの選定でエネルギーを消費するので、ペロリといただけてしまいます。必ず野菜も添えられていてヘルシー。

 

写真-2015-05-13-1-08-44

 

そして、サフランライス。固形のバターを溶かして絡めながらお肉と一緒にいただきます。

 

写真-2015-05-13-0-47-06

 

ビールのように見えますが、イランではお酒が禁止されているので、ノンアルコールのビールです。

ラム肉でビールをいただきたいところですが、こちらのノンアルコールビールも冷え冷えで美味しかったです。

 

写真-2015-05-13-1-09-45

 

一緒にいったみんなから肉をいただき、お腹がパンパンです。※私いつも大量にご飯を食べます。

 

写真-2015-05-13-13-28-27

 

朝食では蜂の巣付のハチミツもいただきました。甘すぎずサラリと美味しかったです。

金沢でイラン料理のお店には言ったことがないのですが、イランの料理はどれも美味しいです。

素材の味をそのまま楽しむものが多く、シンプルな味付けが日本人にも合うのだと思います。

お近くにイラン料理を楽しめるお店があったら、ぜひ行ってみてください。

美味しいかったときは、「ホシュマゼ~」(おいしいと言う意味です。)と言って、

イランごはんを楽しんでみてください!

 

丸山

商品一覧 ご質問集 お問い合わせ ページトップ