Top > ギャッベと当店へのご質問集

ギャッベと当店へのご質問集

ギャッベは一生使える大切なアイテムです。ご不安なくギャッベをお選びいただくため、過去に頂いたご質問をまとめました。

店頭でギャッベを購入した際、発送は可能ですか?

可能です。
ギャッベは折りたたむことが出来るので、コンパクトに梱包してお送りいたします。
ただし、大きめなギャッベの中には、一枚で30~40kgを超えるものがあったりしますので、
取り扱いには十分ご注意くださいませ。

1枚でも多くのギャッベを見たいのですが、事前予約は必要ですか?

特に事前予約は、必要ありません。

遠方から行くのですが、予め好みのデザインを集めて頂くことは可能ですか?

可能です。
現在石田屋に在庫として持っているギャッベは、石田屋4店舗に分かれて展示している場合があります。
予めお好みのサイズとデザインなどお伝えいただければ、ギャッベ集めご覧いただくことが出来ます。
また、お好みのギャッベを事前にお知らせいただければ、探すことも可能です。
ただし、全て一点ものの世界に一枚しかないのがゾランヴァリのギャッベです。
ご希望のギャッベが見つかるかの確約は出来ませんので、ご了承くださいませ。

お手入れはどうすればいいの?

特にむずかしいお手入れは必要ありません。
普段のお手入れは毛の流れにそって掃除機をかけていただくだけで十分です。

よごしてしまった時はどうすればいいの?

オレンジジュースやワイン、ビールやお醤油などの液体をこぼした時には、
タオルなどでゴシゴシこすらず、軽く押し当てて水分を吸い取ってください。
ギャッベが持っているウールの油分が、簡単な水分を弾いてくれるので、すぐにしみ込みません。
すぐに拭き取ればよごれはほとんど取れてしまいます。

まだ、よごれが気になったときは、ウール用洗剤を入れたぬるま湯でタオルをしぼり、毛の流れにそって拭いてください。
そして、最後にきれいなお湯でタオルをしぼり毛の流れにそって拭いてください。

それでもよごれが気になるときは、よごれた部分に「塩」を盛ってください。これは液体系のよごれに限ります。
塩は紙パックなどで販売されている安価なもので十分です。塩が水分と一緒によごれも吸い上げてくれます。
ある程度塩が水分を吸収したら、よごれを吸った塩をはらい、まだよごれがあるようでしたら、
また塩をよごれた部分に盛ってください。この繰り返しで大体の液体系よごれは取れます。
塩が払いきれないときは掃除機などで吸い込んでくださいね。

なお、「墨」や「墨汁」が付いた場合、何も触らず直ぐに石田屋までご連絡ください!
触ってしまうとよごれが広がる恐れがありますので注意です。

またねばねばとろり系の「ハチミツ」などが付いた場合、つまんで取れそうならつまんで取ってください。
難しそうであれば何も触らず直ぐに石田屋までご連絡ください!
触ってしまうとよごれが奥まで入り込み取ることが難しくなる恐れがありますので注意です。

ギャッベが匂うときはどうすればいいの?

ギャッベのウールが持つ油分から稀に匂いがするときがあります。これは湿気の多い日本に起こりがちの現象です。
湿気が多いときは、ギャッベめくり床がフローリングなどであれば乾拭きしてください。
ギャッベを天気の良い日に干していただくと匂いも気にならなくなります。
晴天が2日以上続いた日の、出来れば10:00~14:00の間に干していただくと効果的です。
ただし、雨の降った翌日などはまだ湿度が高めなので外に出さないでください。
大きなサイズのギャッベは干すことが難しいので日当たりの良いお部屋でお日様に当ててください。

ギャッベは夏暑くないんですか?

夏こそ気持ちの良いじゅうたんです!すでにギャッベをお使いの方に聞くと、皆様夏のギャッベの気持ちよさに驚かれています。
お風呂上がりにギャッベの上で寝転がるとほんとうに気持ち良いです。真夏でもサラッと使うことができます。

石田屋が扱うギャッベは全て、良質なウールを原料としています。
良質なウールとは、イランの標高2000~3000mあるザクロス山脈で育った羊の毛で、
一日の寒暖差が30度近くある厳しい環境から身を守るため、暑いときには熱を逃がし、
寒い冬は暖かい空気を保温する、吸湿性と放湿性、保温性にも優れたウールです。

夏は涼しく冬温かいギャッベは、一年中快適に使うことができるじゅうたんです。

ギャッベはどれ位もつの?

100年使えるとも言われるくらい耐久性に優れています。
ギャッベは遊牧民の織り子さんが、一結び一結び丹念に織り込み仕上がっていきます。
60×90cmほどのサイズで、細かい折り目のものだと、3ヶ月近くかけて織られています。
丁寧に織り込まれているギャッベは、結び目がほどけることもなく、良質でコシのあるウールを使っているので、
ちょっとやそっとの圧力ではへたる心配もございません。
使えば使うほど、踏めば踏むほど味わいが増すので、子の代、孫の代と受け継がれてゆく宝物になることでしょう。

同じ柄のギャッベは存在するの?

ギャッベは手織りの一点もの。世界に2つと同じものが無いじゅうたんです。
ギャッベはカシュガイ族の織り子さんが、見本や図案などを見ずに、
彼らが暮らすイラン・ザクロス山脈の大自然からインスピレーションを得て織り込まれてゆきます。
現在でも嫁入り道具として、家族の幸せを願い織られているギャッベには、
一人一人それぜれの織り子さんの思いや願いが込められています。
全く同じ柄のギャッベは存在しないのです。
世界にたった一枚だけのギャッベは、あなたとの運命の巡り合わせを待っています。

床暖房でも使えるの?

床暖房やホットカーペットでも問題無く使えます。
縦糸にたいしてパイル糸(立っているじゅうたん糸)を結びつけているギャッベには、裏地がありません。
ですので、通気性が抜群に良いのです。
機械で織られているじゅうたんやカーペットには裏地があり、通気性が良くないので、床が熱をもったり、
湿気の逃げ場がなくカビの心配が出てきます。
通気性の良いギャッベは床暖房やホットカーペットの熱をしっかり上まで上げてくれます。
なお、ウールのもつ保温性で一度あたたまったギャッベは、
床暖房やホットカーペットを切った後でもしばらく暖かさを保ってくれます。

色があせたりしないの?

石田屋が扱うゾランヴァリ社のギャッベは、100%草木染めです。
適度に油分を残したまま、耐光性の高い染料で丁寧に時間をかけてじっくり染めてゆくので、
色が直ぐにあせたりすることはございません。
ただしどんなに強力な染料でも長い時間が経てば経年変化が起こってきます。
浅く見える色もあれば、逆に深くなっていく色もあります。
たまにギャッベの向きを変えていただくと、ほどよく表情も変わり、
時が経つにつれどんどん味わい深い趣を醸し出すのもギャッベの魅力のひとつです。

ホコリやダニの心配はないの?

天然のウールでできているギャッベは、静電気を発生させにくいので、ホコリやダニの心配はありません。
一般的なカーペットは、化学繊維で出来ているものが多く、化学繊維は静電気を発生させ、
そこにホコリがよってきてしまいます。
ダニはそのホコリを餌にするために集まってきてしまいます。
それと、一般的なカーペットは裏地が貼ってあるので、通気性が悪く、
掃除機をかけても奥にたまったゴミやホコリを吸い上げることが出来ません。
一方ギャッベは裏地を貼っていないので通気性も抜群に良いです。
なおかつ、一結び一結びしっかり織り込まれているギャッベには、
毛の流れができていて、少しだけ毛が寝ている状態になっています。
なのでゴミやホコリは毛の上で止まって、奥まで入っていきません。
掃除機をかければ、ゴミやホコリをきれいに吸い上げてくれるので、
小さなお子様がいても安心して清潔に使うことができます。

商品一覧 ご質問集 お問い合わせ ページトップ